大きくする 標準 小さくする
対抗戦とは?

 

秋、私達の思いや努力の成果を全てささげて挑む、最高の舞台―対抗戦

関東大学ラグビーの頂点へとつながる大会の一つで、全8大学で総当たり戦を行います。
私達一橋ラグビー部の目標は、この対抗戦で一つでも多くの勝利をつかみ取り、入れ替え戦へと出場し、対抗戦Aグループに昇格することです。
その対抗戦Aグループに名を連ねる早稲田、慶応、明治など日本を代表する強豪校と肩を並べて戦いたい。
それが私たちの夢です。
 
          
 
 
  4年間の集大成。
今まで辛かったことも苦しかったことも、全てはこの試合での勝利のため。
この時期はラグビー部も対抗戦一色。
選手も、マネージャーも、OBも、関係者全員がこの対抗戦に懸け、勝利を願います。

全ての人たちの様々な思いがこめられた赤黒ジャージを着て、代表としてグラウンドに立つ選手にとって、一つ一つのプレーはとても重いもので、決してミスは許されません。

一丸となったチームは、空気の流れを変えてしまうほどの大きな力を持って、その強さを発揮します。

そのときの緊張感、気持ちの入ったタックル、そして勝利を得た喜びは、なにものにも変えがたいものです。

4年生は最後の戦い。それまでの四年間の思いを後輩にプレーで伝えるため、己の全てを懸けて戦います。


1~3年生も、大好きな4年生のため、4年生の思いを受け取って次へと継承すべく全力で走ります。

こうして次の世代へと過去何年も受け継がれてきた思いと夢を背負って、戦うのです。
 


 

主将


堀内
芳輝


   

新入生諸君、入学おめでとう。

諸君はラグビーに対してどのような印象を持っているだろうか。
そもそもラグビーのことを全く知らない人もいるだろうし、痛そうといったマイナスの印象を持っている人も多いだろう。

確かにラグビーは激しいコンタクトを伴うスポーツである。
グラウンドでは両軍三十人が激しく身体をぶつけ合う。トライを取るためには様々な困難に立ち向かわなければならない。

しかし、この「困難」こそが人を最も成長させてくれると思う。辛いこと、嫌なことに直面した時、一人では楽な方へ逃げたくなるだろう。しかし、仲間がいるからこそ困難に立ち向かい、そして超えていくことができる。我が部にはそんな仲間や環境が揃っている。


推薦も付属校もない我々が、私立の強豪校に立ち向かい、超えていく。
そのためには諸君の力が必要である。

もし少しでも興味を持ってもらえたら、ぜひ一度グラウンドに足を運んで欲しい。
困難に立ち向かい、一緒に闘ってくれるならば、かけがえのない四年間を送れることを部員一同保証しよう。

 

    

 

MG長


鈴木佳奈



新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

大学生は「人生の夏休み」と言われるほど、圧倒的に自由で、あらゆる選択肢と可能性を持っています。そんな中で体育会、ましてマネージャーになるという選択はあまり頭にないかもしれません。

私も新入生の時はそうでした。
ですがここまで続けて見て、自分の決断は間違っていなかったと自信を持って言えます。

ラグビー部で過ごしたこれまでの三年間は、人生の中で一番学びと発見を得られました。
マネージャーの仕事は、プレーせずに選手を支え、チームの勝利に貢献することです。私たちはそのために日々試行錯誤し、時には苦悩しながらもグラウンドに立っています。
正解がない中でもどうにかチームに対し自分のベストを尽くそうとする過程が、結果として自身を大きく成長させてくれたと実感しています。

そして、ラグビー部には他のどの団体にも負けない温かい絆があります。
私がここまで続けてこられたのも、尊敬できる先輩方や同期、可愛くて頼もしい後輩たちの存在あってのことです。

もし少しでも興味が湧いたら、勇気を出して飛び込んでみてください。

かけがえのない四年間を送れること、一生の仲間ができることを約束します。
皆さんをグラウンドでお待ちしています!